2012年01月06日

GARNET CROW メモリーズ!

GARNET CROWのニューアルバム、「メモリーズ」を遅ればせながら聴きました。一ヶ月も遅れてしまった。 感想は、前作「parallel universe」よりも良くなった気がします。流石に初期3枚ぐらいまでと比べると見劣りしてしまう感はありますが、個人的にはだいぶ良くなってます。 一曲目のシングル曲、「Smiley Nation」がやっぱりすごくいいのと、ラスト2曲の「英雄」・「Blue Regret」はかなりグッと来るものがありました。またレビューしたいと思います。 これだけのクオリティで、セールスの方は4thアルバム以来のトップ10圏外、惜しくも11位となっています。映画主題歌の入った前作に比べ、話題性に欠いたのが原因でしょうかねえ。出来は本当にいいのですが、、、。 まだお聴きでない方は、レンタルでもいいので、ぜひ聴いてみてください。
posted by FUJI at 23:51| Comment(0) | 詞的な日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

HAPPY DAYS? GARNET CROW - 歌詞レビュー

作詞 AZUKI七
HAPPY DAYS?の歌詞を見る

「HAPPY DAYS?」の?が意味深な一曲ですね。

「意味もなく胸が切なくなる」瞬間って、孤独だと時々やってくるものです。そんな心を癒してくれるのは、愛する人のぬくもり。

そういう時に欲しくなるのは、自分だけを愛してくれる、そんな独占欲。自分のことを愛して愛して、たまらなく愛してくれるような人がいてくれたら。そんなことを思ってしまいます。

しかし、人間の心は、誰かの物になったりはしません。心は移ろい、今日の気持ちと明日の気持ちは異なるもの。そんな不確かな愛で抱き合う今は、本当の幸せなのでしょうか。「HAPPY DAYS?」

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

とりあえずの幸せ。でもそれは、「HAPPY DAYS?」

posted by FUJI at 11:18| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

A crown GARNET CROW - 歌詞レビュー

作詞 AZUKI七
A crownの歌詞を見る

忘れてしまいがちな、今ここにある幸せを感じること。そんなことに気づかせてくれる一曲です。

例えば、公園の緑が色濃く育っていたこと。夕暮れが綺麗なこと。忙殺され、消費されていく日々のなかで、ふと立ち止まって見ると、普段忘れていることに気づくことができます。

愛する人と一緒にいることや、美しいものを美しいと感じること。今日という一日は、けして当り前ではありません。後になって振り返って見た時、きっとそれは輝く一日であるはずです。

今、夕焼け空を見ながらこれを書いています。空なんて見上げたのは久しぶりです。こういうこと、忘れないようにしたいですね。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

今日のなにもかもが、当たり前なんかじゃない。

posted by FUJI at 15:35| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。