2007年11月22日

世界はまわると言うけれど GARNET CROW

作詞 AZUKI七
世界はまわると言うけれどの歌詞を見る

何もしない。すべて諦めて、何もしない。それは、なかなか難しい世の中ですね。たとえ、ほんのひと時でさえも。

私たちは常に、何か意味あることをしていなければいけないような、そんな強迫観念にも似たようなものに襲われているような気がします。歌詞中にあるように、巡る季節を、流れていく日々を、町の灯りを、ただ意味もなく見ている。そんな時間を、私たちは持っているでしょうか。

また、もし、そんな時間が持てたとしても、いつまでもそうしていることは出来ません。なぜなら、世界はまわるからです。自分がいつまでもそうしたいと思っていても、世界は、周囲は進んでいきます。ただ、眺めている。それだけのことは、それだけであるが故に、叶わない願いなのかもしれません。

こういう、立ち止まりたい気持ち。ただ、眺めていたい気持ちに、時々襲われます。忘れないようにしたいです。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

今だけは、そっと、ただ眺めて。

posted by FUJI at 20:54| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。