2007年09月09日

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 YOU ARE (NOT) ALONE

見てきました。まだご覧になっていない方もいらっしゃると思うので、あまりネタバレのないように簡単に感想を。一言であらわすと、個人的には想像以上に素晴らしかった。

まず皆さん目が行くと思いますが、とにかく作画がすごい。どれくらいすごいかと言うと、今作見てからTV版見てしまうと、あれほど「色あせない作品だな〜。」と思っていた作品が、ものすごく色あせて見えてしまうくらい。この映像見て!と言わんばかりのカットも用意されていて、その映像美に圧倒されました。

主人公、碇シンジ君は相変わらず苦悩しているのですが、その心理描写も幾分分かりやすくなっていたように思います。TV版では、シンジ君の苦悩の描写に、共感できない部分もあって、うじうじするな!と思ってしまう部分もあったのですが、今回のシンジ君の悩みっぷりには完全に納得できたので、そういうイライラ感も解消。

また、方々で話題になっていますが、とにかくあの使徒戦はすごい。使徒対シンジという構図だけに落ち着かず、シンジ君を支えたり、見守ったりする全ての人間を描こうとしている部分に、グッと込み上げるものがあります。

繊細な中学生、碇シンジ君の孤独な苦悩。でも、彼は一人じゃない。たくさんの人に見守られ、たくさんの人に支えられ、彼も少しずつ、そのことに気づいていく。

YOU ARE (NOT) ALONE...



posted by FUJI at 00:47| Comment(0) | 詞的な日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。