2007年08月15日

Beautiful World 宇多田ヒカル − 歌詞レビュー

作詞 宇多田ヒカル
Beautiful Worldの歌詞を見る

新劇場版エヴァのテーマソングです。そのためか、歌詞の主人公は碇シンジを思わせます。

私たちは、現状に満足できない生き物です。この歌詞の主人公も、憧れの自分像を描き、今の自分に満足できません。自分に自信が持てず、焦って何かを欲しがって、でも、何を求めていいのかもわからず、側にいたい君に伝える言葉も見つかりません。彼は苦しみ、もがきますが、心の片隅では、「別にこのままでいいや。」と思ってしまっています。

ありのままの自分を、全部好きになることなんてできない。無性に、変わりたくて焦る。でも、映画の主人公のように、都合よく変わることなんて出来はしないし、結局、今のままの自分を、妥協で受け入れて、でも好きにはなれなくて、、、。都合よく、成長なんてできなくて、苦しむ彼に強く共感します。

結構、エヴァにあってる曲だと思いました。劇場版、楽しみです。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

このままじゃ、ダメだと思う。でも、都合よく変われない。

posted by FUJI at 20:26| Comment(4) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男性らしい歌詞の解釈だとこんな感じなのかなぁと思いました。
私はこの歌詞は自分の美しさに気がついて!って好きな人に言っているような気がしました。
それに、たった一つの願いごとそれは君のそばでねむること、それだけでいいの☆
なんて、そんな女々しい解釈もありますょ〜♪
Posted by alia1986 at 2010年03月11日 16:35
alia1986さんへ

「自分の美しさに気がついて!」と言っているのでは?という意見には私も賛成です。自分の価値や、美しさって、自分では気づけないこともありますから。
Posted by FUJI at 2011年06月22日 13:09
眠るは死を意味しているんですよね
彼女らしい歌詞だと思います
人の究極の望みを歌っている切なさ最高です
Posted by at 2012年01月11日 19:09
コメントありがとうございます。

「眠る」を死として解釈する考え方は持っていませんでした。確かに「僕の世界消えるまで」というフレーズは死を連想させますね。新しい発見でした。
Posted by FUJI at 2012年04月13日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。