2007年06月22日

創聖のアクエリオン AKINO − 歌詞レビュー

作詞 岩里祐穂・菅野よう子
創聖のアクエリオンの歌詞を見る

生まれてくること、生きることって、不思議。

人は、何の為に生まれて、何の為に生きるのでしょうか。おそらく、絶対の、本当の答えなんてものはないのだろうし、きっとその理由は、人によっても違うはずです。

この歌詞の主人公は、その理由を、自分なりに見つけました。彼は心から愛する人を見つけ、永遠に愛することを誓います。そして、彼は気付くのです。愛する人を想う、もどかしくて、切なくて、愛しくて、何よりも大切なこの「気持ち」を知るために、生まれてきたのだと。彼の人生は、その人に出会うまで、『地獄』と形容するように、あまり良いものではなかったようです。もしかしたら、心も無くしそうになっていたかもしれません。しかし、彼女の存在は、彼の世界に大きく響きました。

愛してる。という、シンプルで、ありふれた言葉に、信じられないくらい、心が震えました。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

生まれた意味を、見つけた。

posted by FUJI at 18:20| Comment(5) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『創聖のアクエリオンの歌詞』の一万年と一億年の意味。 あの「一万年と二千年前...」というのは...... "二千万年前"という意味だと思いますよ...... 仏教では時間の単位等の長い単位を「一万年*二千年」の事を...... 「一万年と二千年」と表現したりしますね...... だから、あの歌詞は...... 二千万年前(人類が生まれる十倍の時間位の前から......)から君を愛していました...... 人類が文明を獲得し言葉を発するようになって、八千年過ぎた今、もっと君の事が恋しくなった...... 二千億年後(永遠じゃないにしても、宇宙が生まれて今まで経った時間の十倍位の時間......)、君の事を愛するよ...... ......という意味だと思いますが......? どうでしょうか......?
Posted by つかさ at 2008年03月17日 05:31
つかささんへ
大変遅くなってすみません。コメントありがとうございます。

仏教における時間の単位について、知りませんでした。真相は岩里祐穂さん・菅野よう子さんに聞いてみるしかなさそうですが、非常に興味深い見解、勉強になりました。
Posted by FUJI at 2008年08月01日 15:04
この歌詞の意味って、超古代文明のアトランティスと似ているんですが…。
Posted by き at 2009年07月31日 23:37
私も仏教の中でそのような意味があるとはしりませんでしたが、「ずっと☆」ってことね♪と解釈してました○
でも、CMのときから友達がカラオケで歌うときまで本当に耳に残るまっすぐな歌詞ですよね^^途中の歌詞が非常に意味深なところとサビとの対比が凄いなぁと思います。
Posted by Alia1986 at 2010年03月11日 16:59
き さんへ
古代文明アトランティスというものが今から1万2千年前に存在したという伝説があるそうですね。調べたときぴったりすぎてぞくっとしました。

Alia1986さんへ
本当に耳に残りますよね。もはやアニメ
は知らなくてもこの曲は知っているという人が大勢いるでしょうし。
Posted by FUJI at 2011年06月22日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。