2007年03月02日

君の好きなとこ 平井堅

作詞 平井堅
君の好きなとこの歌詞を見る

素直に気持ちを伝えられないもどかしさを歌っています。

好きな君への思いが募れば募るほど、なぜか言葉は、うまく出なくなってしまいます。こんなこと話そう、あんなこと話そうって色々考えるのに、いざ、君を目の前にすると、言いたいことの半分も言えない。不思議ですよね。どうしてなんでしょうか。

また、この詞の中では、平井さんの「君の好きなとこ」がたくさん出てきます。私たちはよく、「○○が好き」なんて言いますが、これだけ相手の好きなとこが言えるほど、真剣に考えているでしょうか。もっと相手のことをちゃんと見てみよう。そう思いました。

優しくて、やわらかい気持ちになれる一曲です。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

言葉に上手く出来なくて、それでも、誰よりも知ってる君の好きなとこ。

posted by FUJI at 13:47| Comment(2) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不器用っていろんな意味で好きです。
不器用だからこそ人間なんだなと思える瞬間が好きですね!
Posted by 夕月夜 at 2007年06月30日 23:13
夕月夜さんへ
自分は器用になりたいと思っているのですが、他人の不器用なとこは愛らしかったりしますね。
Posted by FUJI at 2007年07月02日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。