2007年03月01日

「千の風になって」が凄すぎる。

紅白歌合戦をきっかけにして、「千の風になって」が大ブレイクしているわけですが、それにしたって凄すぎるでしょ、この曲。 紅白直後のようにはメディアでも騒がれなくなってきたと思うのですが、セールスに陰りが見えないのです。

昨日発表された、最新のオリコン週間ランキングでは、先週よりワンランクアップの第2位。7万枚以上を売り上げています。また、デイリーランキングでは、並みいる新曲陣を抑えての第3位。平井堅の新曲が負けてます。

ちなみに、週間ランキングのランクイン数は15週に上ります。ここまで来たら、行けるところまでどんどん行って欲しいですね。当サイトでも、今後注目して見守っていきたいと思います。

関連記事:千の風になって 歌詞レビュー



posted by FUJI at 01:15| Comment(9) | 詞的な日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったく興味もてません
Posted by aaa at 2007年05月15日 12:48
aaaさん、こんにちは。
ご興味なかったようで残念です。個人的には、数週でランク外に外れる曲が多い中、異例のヒットを続けるこの曲に、少し興味を引かれたのですが。
Posted by FUJI at 2007年05月16日 23:13
Posted by まゆみ at 2007年06月04日 12:45
これが演歌のチャートになんで入っているか理解できません。演歌入ればいいランクをキープできるとでも?
この先もこういう事は問題視するべきだと思います。
音楽的には非常にセンスのないものだと思います。
Posted by まゆみ at 2007年06月04日 12:45
これが演歌のチャートになんで入っているか理解できません。演歌入ればいいランクをキープできるとでも?
この先もこういう事は問題視するべきだと思います。
音楽的には非常にセンスのないものだと思います。
Posted by わかんない at 2007年06月04日 12:48
まゆみさんへ
コメントありがとうございます。私は総合のオリコンランキングしかチェックしていなかったのですが、この曲は演歌に分類されていたのですか。
演歌に分類されることと、売り上げとの相関関係についてはあまり知らないのですが、ここまでのヒットになったことは不思議に思っています。
Posted by FUJI at 2007年06月04日 13:27
この歌は一見暗いイメ−ジですが、大切な人を亡くした人々の心を癒し、勇気や元気を与え、前向きに生きていく力を与えてくれる歌だと思います。歌詞と秋川雅史さんの歌声だからこそ、心に響き、多くに支持されています。ミリオン達成を見ても、若者だけでなく年齢層の高い人々にも音楽の楽しみを普及させた、素晴らしい歌と歌唱だと思います。そういう意味で今の時代が必要としていた歌であり、時代を超えて受け継がれていく歌だと思います。
クラシック界の偉業達成記録が今迄に無い為、ジャンルとして演歌に入れざるを得ないのでしょう。
Posted by 原田美沙子 at 2007年08月29日 08:25
原田さんへ
コメントありがとうございます。確かに、この曲のヒットの背景には、比較的年配層に訴えるものがあったのではないか、と私も感じています。私は20代なのですが、友人と話していると、同世代よりも、親の世代の方がこの曲を好んでいる印象があります。
Posted by FUJI at 2007年08月29日 12:36
原田美紗子さんの意見に同感!

ただ演歌ではなくJ−POPSかな。
Posted by こお at 2010年05月20日 04:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。