2007年01月24日

フェイク Mr.Children

作詞 桜井和寿
フェイクの歌詞を見る

今日の歌詞レビューは、ミスチルのフェイクです。本日のオリコンデイリーで、見事初登場1位です。

私たちは、そして、この世のあらゆる物は、フェイク。まがいものだらけなんじゃないでしょうか。例えば、あなたが欲しいものは、何ですか。本当の愛ですか?地位ですか?名誉ですか?そんなもの、どこにあるんでしょう。

本当だと思った愛も、ちょっとしたことで簡単に冷めてしまいます。また別の恋をすれば、それは今までの愛の代用品。金は、一瞬にしてただの紙切れになりかねません。地位も名誉も、時代に簡単に流されてしまいます。ああ、この世はそんなフェイクだらけ!

そんなことを考え出すと、なんだか全てが虚しくなってきますが、やっぱり全てのものがニセモノだとしても、次はきっと、これこそはきっとって、生きていくしかないんでしょうか。それもフェイクな人生ですけどね。ああ、でもそれも面白い。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

この世は、フェイク。

posted by FUJI at 21:12| Comment(9) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます!
フェイクはまだ聴いてないんですが
姉が買ってきたんで今度聴いてみます♪
勝手なんですが、リンクはらさせて頂きました!
もし迷惑でしたら言ってください。

Posted by たまゆき at 2007年01月25日 09:43
それは結果論ではないですか??


結果的にそうなったわけで。少なくとも

リアルタイムに感じたのは真の愛であったし

地位や名誉も。


時間が全ての根源であり人は過去しかわからい

ので結果論として後悔するものではないのだろ

うか。ただ未来がフェイクだとわかってたら

誰もやらないし。だから未来は本当に予想でし

かなくあくまでもフェイクの可能性は?%。

過去は明確な数字が出る。だからこの世の全て

の過去がフェイクなのではないだろうか。
Posted by ビンス。 at 2007年01月25日 22:30
たまゆきさんへ
リンクありがとうございます!フェイクはなんか、限定発売みたいですね。

ビンス。さんへ
コメントありがとうございます。そうですね。確かに、未来はフェイクかどうかはわかりません。今になって思い出してみると、過去のそれはいつまでも続くものではなく、フェイクだったけれど、今、ここにあるものは、少なくても今は、フェイクじゃない。いつかはまた、フェイクになるのかもしれないな〜とは思いつつ、、、。

Posted by FUJI at 2007年01月25日 23:40
私達は偽物だらけの中で生きている。今私達は99%の偽物の中で1%の本物を探している。本物とはそれほど低い確率なんじゃないかと思います。99%の壁の向こうには1%の本物が待っている。だからこそ前に進んで行けるんだなと感じました。人生という長い旅路の中、本物を見つけて手に入れるまで私もがんばりたいと思います。
Posted by 夕月夜 at 2007年06月14日 22:31
夕月夜さんへ
本当の愛とか、永遠の愛とか、よく言いますが、本当って何なんでしょうね。いつか枯れる愛でも、愛した当時は本物?でも、本物なのに枯れるの?
こういうことを考え出すとぐるぐる廻る…。
Posted by FUJI at 2007年06月15日 12:46
本物か偽物か。
それには基準なんてないのかもしれませね!本物か偽物か決めるのは自分自身なのかなと思います。
Posted by 夕月夜 at 2007年06月30日 22:58
夕月夜さんへ
そうですよね。そもそも、本物、偽者という言葉も、人が考えたものだし…。
Posted by FUJI at 2007年07月02日 00:51
人生とは本物を見つける旅なんですね。本物を取り戻す事。それが人生の課題なのかもしれません。本物とは本当の自分。それがしっくり来ます。
Posted by 夕月夜 at 2007年07月03日 00:48
夕月夜さんへ
本物を見つけることは難しい。だから人は、ずっと悩み、苦しんで、それでももがきながら進んできたんでしょうね。
Posted by FUJI at 2007年07月06日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。