2007年01月12日

Rolling star YUI

作詞 YUI
Rolling starの歌詞を見る

私の勝手な想像ですが、どうもYUIさんは、自分自身の本当の心情を、歌に託しているような気がします。

夢にまで見た世界。YUIさんにとっては歌手の世界でしょうし、例えば、必死に頑張って入学した学校や、難関を突破して就職した会社や、憧れのチームや、その他諸々。そういう世界は、入る前は、まるで夢のような世界。平穏で幸せを得られると思っている世界です。しかし、現実は違います。

トラブルは絶えないし、面倒なことも、辛いことも山ほどあります。歌詞中にも出てきますが、恋愛だってそうでしょうね。けれど、もうやるしかないんですよ。「Rolling star」。綺麗になんて、いつも笑顔でなんて、無理です。泥だらけになりながら、つまずきながら、転がるように必死にやるしかないんです。

そういうものなのかもしれません。受け入れて、頑張りましょう。そこは、夢にまで見た世界なのですから。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

僕らはRolling star。夢にまで見た世界で、転がるように進むしかない小さな星。

posted by FUJI at 22:46| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。