2013年01月07日

エヴァンゲリオンQ 2回目見てきた

この年末、エヴァンゲリオンQの2回目を見てきました。前回は席を取れず、ほぼ最前列という首の疲れる場所で鑑賞したので、今回は一番見やすいど真ん中の席で見てきました。 以前、エヴァQ=エヴァ旧説をご紹介しましたが、2回目を見てみて、やっぱりこれは破からちゃんと続いているんじゃないのかなぁという感想を持ちました。 というのも、カヲル君がシンジ君にニアサードインパクトの説明をする時に、回想シーンとして破のラストの映像がばっちり出てきたからです。 ということは、旧劇を思わせるアスカの風貌はミスリードでしょうか? ちなみに、困ったときのwikipediaには、前作『破』終盤で描かれた「ニアサードインパクト」から14年後と書かれています。うん、やっぱりQは破の続きだ。 いずれにせよ、この14年間が語られないことには、はっきりしたことはわかりません。それは次回作になるのか、別の機会になるのか、二度と語られることはないのか。う〜ん、やっぱり、この感じがエヴァなんだよなぁ。。
posted by FUJI at 23:08| Comment(0) | 詞的な日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。