2006年11月09日

コイスルオトメ いきものがかり

作詞 水野良樹
コイスルオトメの歌詞を見る

この曲、意外にも男性が作詞しているんです。可愛らしい曲書きますね。

私は、このメロディー、そして歌詞全体の可愛らしさというか、あまりの微笑ましさにやられてしまいました。こんな感情持てる曲も珍しいです。なにがそんなに微笑ましいのかな、可愛らしく感じられるのかな?の考えてみたんですが、やっぱり、純粋さ、素直さに惹かれるんだと思います。

好きだから、あなたの鼓動も心地よいリズムに感じられたり、あなたは白馬の王子様。なんて恥ずかしいセリフを言ってみたり、じゃれつくスキをうかがってみたり、震えながら手を握ってみたり…。駆け引きも、疑いも、不安も何もない。互いにただ、好きという揺るぎない感情だけで繋がっている。それぐらい純粋で素直な恋だから、こんなにも魅力的に輝くんだと思います。歌詞という世界の二人なのに、応援したくなるんです。

ちなみに、この曲のPV最高です。ぜひご覧あれ。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

ただ、好きなの。

posted by FUJI at 00:36| Comment(2) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コイスルオトメ本日レンタルしました!
聴いてみたらすっごい良くて感動です。

歌って心の底にある気持ちが表現されてたりするから良いですよね!
Posted by ツチロー at 2006年11月10日 18:40
ツチローさんへ
ツチローさん、こんにちは。この曲すごくいいですよね。久しぶりに、曲自身に力がある、そんな曲を聴いたような気がしました。
Posted by FUJI at 2006年11月10日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。