2006年10月30日

ナキムシのうた 風味堂

作詞 渡和久
ナキムシのうたの歌詞を見る

ホッとできる、安心できる優しい一曲です。

泣かないで。くよくよしないで。私たちはつい、そう励ましてしまいがちです。ですが、この歌では、どうか好きなだけ泣いてください。と励まします。人は弱い生き物です。他の動物とは違って、ありとあらゆることで悩んでしまいます。けど、そういう時は泣いてもいいんだよ。とこの曲は諭してくれます。

泣くという行為は、弱さの象徴のように見られる傾向があります。確かにそうかもしれません。しかし、人は涙を流して痛みを知ることで、それを繰り返すことで、強くなっていくのではないでしょうか。そうやって泣いた日々は、いつの日か、きっとあなたの力になります。

また、渡さんは、ただ泣けばいいと言っているわけではありません。気のすむまで泣いて、そしてまた元気になって歌いましょう。と励ましているのです。泣くのを我慢する必要はないけど、泣いたその後は、また頑張ろうと。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

好きなだけ泣いて。そして、顔を上げて。

posted by FUJI at 18:06| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。