2006年10月05日

散歩道 JUDY AND MARY

作詞 YUKI
散歩道の歌詞を見る

普段は見向きもしないもの。そういうもの、大切にしたいです。

私たちは、どういうわけか、人生を難しく、複雑に生きてしまう運命にあるようです。難解な数式やら、高尚な文章に悪戦苦闘する学生。仕事に追われる社会人。ともすれば、周りのことなど見えなくなってしまいます。

しかし、ほんの少しだけ立ち止まって、周りを見渡してみてください。春には黄色い花が咲き、夏にはセミが道をふさぎ、秋には落ち葉が舞い、冬には冷たい水が美しく空を映します。私たちは、もったいないことに、たくさんの美しいものを見逃しながら生きているとは思いませんか?

大切な人と、そういうものを感じながら過ごせたら、きっと人は、もっと優しくなれるんでしょうね。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

この美しい世界。もっと感じたら、優しくなれる。

posted by FUJI at 17:13| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。