2012年01月27日

いい曲と、楽な曲。

私がよく聴く曲には、2種類あります。一つはいい曲、もう一つは楽な曲です。 いい曲とは、メロディーが好みで、歌詞も実にうまくできていて、感情移入できて、心がぐっと入っていけるような曲。たとえば、私の場合GARNETCROWなんか。 でも、私の性質上、感情移入しすぎて、聴いていて無駄に気分が切なくなりすぎたりすることもあるので、それも疲れます。 そこで、もう一つの楽な曲。歌詞自体にあまりストーリーはなく、意味も汲み取りにくいんだけど、とにかくメロディーやリズムが心地よく、聴いていて楽な曲。私の場合相対性理論なんか。あと、私は英語のリスニング力もないので、洋楽なんかも下手に感情移入しすぎることがありません。 まあ、基本的にシャッフルで1000曲ほどのiTuneを回してるだけなんですけど。
posted by FUJI at 10:20| Comment(0) | 詞的な日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。