2011年12月08日

A crown GARNET CROW - 歌詞レビュー

作詞 AZUKI七
A crownの歌詞を見る

忘れてしまいがちな、今ここにある幸せを感じること。そんなことに気づかせてくれる一曲です。

例えば、公園の緑が色濃く育っていたこと。夕暮れが綺麗なこと。忙殺され、消費されていく日々のなかで、ふと立ち止まって見ると、普段忘れていることに気づくことができます。

愛する人と一緒にいることや、美しいものを美しいと感じること。今日という一日は、けして当り前ではありません。後になって振り返って見た時、きっとそれは輝く一日であるはずです。

今、夕焼け空を見ながらこれを書いています。空なんて見上げたのは久しぶりです。こういうこと、忘れないようにしたいですね。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

今日のなにもかもが、当たり前なんかじゃない。

posted by FUJI at 15:35| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。