2011年11月16日

リンダリンダ THE BLUE HERATS - 歌詞レビュー

作詞 甲本ヒロト
リンダリンダの歌詞を見る

最近CMでも流れましたね。「リンダリンダ」と繰り返し叫ぶ声が印象に残る曲です。

作者は歌詞中でドブネズミのようになりたいと語ります。ドブネズミとは、汚らしく、忌み嫌われる存在の象徴ですが、逆にそれを美しいというのです。

確かに、ヒーローやスターは輝かしく、美しいです。しかし、ドブネズミは、けしてスポットライトを浴びることはないのに、ただひたむきに生きています。それは、確かに目には見えない美しさかもしれません。

ちなみに、曲中で繰り返し叫ばれる「リンダリンダ」は、スペイン語で美しいという意味です。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

ひたむきに生きる、目には見えない美しさ、優しさ、あたたかさを持ちたい。

posted by FUJI at 13:45| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。