2006年09月02日

ミュージック・アワー ポルノグラフィティ

作詞 ハルイチ
ミュージック・アワーの歌詞を見る

恋をして、胸が苦しくなる。それはどうしてなのかをシンプルに説明している曲です。

この詞は、一つの疑問に対しての回答、そして励ましのメッセージで構成されています。その疑問とは、「人は恋をするとなぜこんなにも苦しいのか。」ということ。
いわゆる友人や、その他のなんとも思っていない(恋愛感情が無い、という意味)人たちに対しては、今すぐ関係を深めたい、こういう間柄になりたいという欲はでません。しかし、恋愛となるとそうはいきません。恋人と言うのは非常に特殊な関係です。友人として、友情を深めるのとは、また違うステップが必要になります。そして、私たちは、その関係を望むとき、いてもたってもいられない気持ちになり、心が焦がれるのです。

ですが、先程も言ったように、恋人というのは友人関係とは異なり、特殊な関係です。それを相手に要求すれば、当然断られる場合もあるでしょう。それどころか、それまでに積み上げてきたいわゆる友人関係も、一気に崩れてしまう可能性も秘めています。恋する相手というのは、誰よりも深く繋がりたい相手であると同時に、誰よりも繋がりを絶ちたくない相手なのです。当然、リスクを犯すことになる告白、というのは、躊躇してしまいます。

結局、私たちは、繋がりたいと願う気持ちと、繋がりを絶ちたくないという気持ちの狭間で、苦しむのではないでしょうか。でも、その苦悩は価値のある、味わい深いものですよね。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

揺れても、悩んでも、その恋を離さないで。

posted by FUJI at 14:45| Comment(4) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわっ、今回のレビューすごく、共感しますっ!!恋する相手というのは、誰よりも深く繋がりたい相手であると同時に、誰よりも繋がりを絶ちたくない相手・・・わかります。
Posted by shiho at 2006年09月02日 19:33
shihoさん、コメントありがとうございます。私のレビューに共感して頂いて、とても嬉しいです。
私も、レビューを書いてる時に、そういうフレーズを思いついたりするので面白いです。
Posted by FUJI at 2006年09月03日 12:26
わかりますわかります。 けれど、その気持ちは大切ですね!
Posted by 夕月夜 at 2007年06月30日 22:05
夕月夜さんへ
全てが思い通りになる恋愛なんて、何も糧になりませんよね。
Posted by FUJI at 2007年07月02日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。