2006年08月06日

For the future Do As Infinity − 歌詞レビュー

作詞 RYOOWATARI
For the futureの歌詞を見る

自由に空を駆け抜ける。そんなイメージで生きることが出来たら素敵ですね。

私たちは、いろいろな制約の中で生きています。やりたいことを我慢したり、我慢せざるを得なかったり。有名企業で出世する、官僚になって本省で幹部になる、等、社会的に地位が高い生き方というものはあらかじめ勝手に決められていて、マイナーなスポーツでは、例えその競技の天才であっても、それだけで生きていくのは難しい。そんな理不尽な世の中で、私たちは生きなければなりません。

今挙げたのは一例ですが、とにかく、私たちは、出来上がったシナリオの中で、それに沿った生き方をせざるを得ません。そういうシナリオを無視して生きることは不可能ですが、それでも出来る範囲で、言い訳を自ら作ったりしないで、自由に思うように生きてみよう。そんなメッセージをこの曲から感じました。

誰もが大空を飛べる。自分には無理だ、なんて決め付けたりしないで、自分の力を信じてあげたい。そう思いましたね。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

大空を自由に駆ける。そんなイメージで、生きていけたら。

posted by FUJI at 21:20| Comment(2) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!
教科書通りの敷かれたレールの人生より考えて考え抜いて選んだ人生がいいですね!
Posted by 夕月夜 at 2007年10月20日 17:18
夕月夜さんへ
夕月夜さん、お久しぶりです!自分で決めた道とは言いますが、「本当に」自分の気持ちで決めたのか、問いかけることも必要だと思いますね。
Posted by FUJI at 2007年10月22日 13:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。