2011年07月02日

Sky GARNET CROW - 歌詞レビュー

作詞 AZUKI七
first kaleidscope 収録
Skyの歌詞を見る

重厚な出だしから突き抜けるような透明感へ。J-POPという枠に収めるのがもったいないほどの傑作だと思います。

私たちは、本当は愛し合うべきはずのこの世界で、『誰かを傷つけたり』、争ったりしています。

また、愛すべきはずの生命も、けして永遠に生きるよう作られてはいません。宇宙は、すべてのものが生まれ、そして壊れていくよう作ったのです。どうしてこんな世界が作られたのでしょう。この曲を聴いていると、色々と想いを馳せることができます。

曲の最後の、突き抜けるような『Sky』は本当に美しいので、ぜひ聴いてほしいと思います。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

私たちは、愛し合い、傷つけあい、やがて壊れてしまう。すべてを見てきたそらの下で。

posted by FUJI at 15:51| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。