2011年06月24日

Prisoner Of Love 宇多田ヒカル - 歌詞レビュー

作詞 宇多田ヒカル
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】 収録
Prisoner Of Loveの歌詞を見る

prisonerとは囚人。つまり、「prisoner of love」とは愛にとらわれた者のこと。

人は、楽な方へ楽な方へ流されてしまう生き物です。そして、豊かで満たされているはずなのに、それでも奪い合う。

しかし、たった一人の愛する人の出現ですべてが変わることがあります。その人に相応しい自分になるために、もっと素敵な自分になるために、その人に負けないぐらい頑張る自分であるために、楽な方へ流されるのを止めて、辛くても一生懸命頑張れる。そんなことってありませんか。

たった一つの愛のおかげで、あるいは愛のせいで、自分がこんなにもそれに依存し、変わってしまう。まさに「prisoner of love」。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

すべてを変えられる。まるで心を捕らわれたように。

posted by FUJI at 11:31| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。