2006年06月29日

DISTANCE 宇多田ヒカル − 歌詞レビュー

作詞 Utada Hikaru
DISTANCEの歌詞を見る

悟ったような諦めと、深い愛に満ち満ちた歌です。

私とあなたは、同じ人間ではありません。同じ気持ちを完全に共有することは不可能ですし、一つになることもできません。二人の間には、どんなに近づいても埋めきれない距離、DISTANCEが残るのです。

しかし、彼女は、その距離でさえ、受け入れようとします。いつの日か、その距離でさえ抱きしめられると。そして、一つになることはないけれど、それならせめて一緒にいたいと願います。
さらに彼女は、いつかその距離を抱きしめられるようになっても、いつも一緒にいたいと思っても、それは永遠には続かないということを自覚しています。予期せぬ別れがあるかもしれませんし、ずっと幸せに暮らしたとしても、やがて来る死は避けられません。ですが、だからこそ彼女は、一緒にいたいと強く願うのです。

いつまでも一緒にはいられないことを自覚しつつ、それでも願う。愛情と切なさがひしひしと伝わってきます。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

一つにはなれないけど、いつかその距離も受け入れられる。

posted by FUJI at 23:12| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。