2006年06月16日

Over The Distance 矢井田瞳 − 歌詞レビュー

作詞 Yaiko
THE BEST OF HITOMI YAIDA 収録
Over The Distanceの歌詞を見る

物理的な距離を置いて、それでもなお気持ちを繋ぐことは困難です。

この歌詞の主人公は、おそらく恋人と遠距離恋愛の状態にあるのだと思います。どんなに愛していても、あるいは、愛しているからこそ、会いたい時に会えない恋というものはつらいのです。相手の気持ち、自分の気持ちを「好き」という状態に保ち続けることも大変でしょうし、それをお互い確かめ合うこともできないのです。思っていたよりも厳しい現実に、打ちのめされそうになります。

それでも、彼女は、こう締めくくります。お互いを信じ、守り、繋がっていたいと。タイトル通り、距離を越えて、愛し続けることを願うのです。苦しいけど、この状況を乗り越えられたら、きっと二人は強く結ばれるのでしょうね。苦悩の中に、確かな愛が感じられる一曲です。

というわけで、FUJIが考える、この歌詞のポイント!

あなたじゃなきゃ、愛しても意味がない。

posted by FUJI at 22:40| Comment(0) | 歌詞レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。